禁煙外来|三軒茶屋の内科 呼吸器内科 アレルギー科 三茶クリニック|世田谷区 日曜診療

禁煙外来

禁煙治療は、2006年4月から保険が適応されるようになりました。
喫煙は単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症は病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。

下記の条件を満たした喫煙者の方は、健康保険適用にて禁煙治療を行うことができます。
なぜなら喫煙は呼吸器疾患、循環器疾患、悪性疾患などの発症の重大な危険因子となっているからです。

■ 保険適用対象者の条件について

1. ニコチン依存症を判定する問診テスト(スクリーニングテスト)で、ニコチン依存症と診断された方

2. 35歳以上の方はブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
※35歳未満の方はブリンクマン指数に関係なく禁煙治療ができます。

3. 直ちに禁煙することを希望している方

4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意していただいた方

5. 以前に禁煙外来を行なって中止した方は、その初診から1年が経過していること

禁煙に対する意志や禁煙してみようとお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

禁煙方法について

次のお薬を処方し、経過観察して治療しています。

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)

1日1回、上腕・腹部・背中等に貼り、タバコの代わりにニコチンを補給することで、タバコを吸わない時におこるイライラなど、ニコチン切れ症状を緩和する貼り薬です。

保険適用によるニコチネルTTSの処方は10週間以内と定められています。
そのため、初診時から10週を超えた場合、保険適用によるニコチネルTTSの処方はできません。

チャンピックス

ニコチンを含まない飲み薬です。
ニコチンが切れてイライラする症状を軽減するほかに「タバコの味がマズイ」と感じるようになります。
ニコチンパッチと異なり、飲み薬ですので、肌の弱い方も使用しやすい薬です。
また、その一方で内服による副作用にも十分注意しなければなりません。
運動等重要な機械操作は禁じられておりますことをご留意下さい。

チャンピックスは12週間に5回の診療を受診していき、禁煙外来は終了致します。
したがって、初診時から12週を超えた場合は保険適用によるチャンピックスの処方はできません。

詳しくは「すぐ禁煙.JP」をご覧ください。
すぐ禁煙.JP

ページのトップへ