花粉症|三軒茶屋の内科 呼吸器内科 アレルギー科 三茶クリニック|世田谷区 日曜診療

アレルギー科

近年生活環境の変化により、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・じんましん・アレルギー性鼻炎や花粉症など、アレルギー疾患の方が増加しております。
治療法が進歩していく一方で、非常に多くの情報が氾濫し、過剰な不安を抱いている方や、ご自身の判断だけで不適切な治療を行い、病状を悪化させている方もしばしば見られます。

アレルギー疾患は、体質や環境などの複数の要因が複雑に関与して発症しますので、適切な診断が今後の治療に重要となります。

当院では、経験豊富な医師がお一人お一人の症状に応じてきめ細かく治療を行っております。
また、アレルギー検査(保険適用)をご希望の方は、アレルギーの要因を調べることができますので、お一人お一人の症状に応じて治療を行ってまいります。

» 気管支喘息(ぜん息)についてはこちら
» 花粉症についてはこちら
» 食物アレルギーについてはこちら

アレルギーについて

スギ花粉やヒノキ花粉に代表される樹木や草花等の植物、また動物や昆虫、ダニ・カビ・埃、食物等、さまざまな原因によりアレルギー症状が引き起こされます。 アレルギー症状が悪化する前にご来院いただきコントロールされることをおすすめします。

アレルギー検査について

当院では、アレルギーの要因(アレルゲン)を特定するために、アレルギー検査を実施しておりますので、ご希望の患者様はお気軽にお申し出ください。

アレルギーの主な要因

  • ■ 花粉
  • スギ・ヒノキ花粉(3~5月)、ハンノキ(3~5月)、カモガヤ(4~7月)、ヨモギ・ブタクサ・カナムグラ・イラクサ(7~10月)
  • ■ ペット
  • イヌ・ネコ・ハムスター  など
  • ■ 食物
  • • そば、ピーナッツ、小麦、牛乳、卵、カニ・エビ等の甲殻類、キウイ・バナナ・メロン等の果物  など
  • ■ その他
  • ハウスダスト、ダニ など
アレルギーが要因と思われる主な症状について
  • 咳が長時間継続する場合
  • 慢性的な気管支炎
  • 慢性的な鼻炎
  • じんましん・湿疹・紅斑などの皮膚疾患
  • 目・眼球結膜のかゆみや刺激症状
  • めまい・吐き気・嘔吐
  • 頭痛
  • 疲労
  • 非特異的過敏症

日本アレルギー協会

ページのトップへ