高尿酸血症(痛風) 三軒茶屋の内科、三茶クリニック|日曜診療

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症について

高尿酸血症(痛風) 高尿酸血症とは、血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態です。
尿酸が増え過ぎると、体の各所に針状の尿酸塩の結晶ができます。
白血球はそれを排除するために攻撃して炎症が起こり、体は痛みを感じます。
これが痛風発作です。

尿酸の元となるプリン体を多く含む食事をして摂取しすぎると尿酸が多くなります。
プリン体はレバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなどに多く含まれています。
そしてアルコール飲料には、尿酸値を上昇させる作用があります。

高尿酸血症の治療は、バランスの良い食生活をし、プリン体を多く含む食品の摂取を控えることから始めます。
アルコール飲料も制限し、特にビールはプリン体を多く含むので、注意が必要です。
肥満体の方は食生活と併せて適度な運動を行い、生活習慣を改善することも大切です。
食事療法等でも尿酸値の上昇を抑えられない場合は、尿酸の排泄を促す薬や尿酸の生成を抑制する薬にて治療を行います。

三茶クリニック 電話 03-5431-7372
FAX 03-5431-7375
所在地
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4‐24‐11
最寄駅
東急田園都市線・東急世田谷線【三軒茶屋駅】から 徒歩2~3分ほどです。
keyboard_arrow_right渋谷方面からお越しの患者様へ 
keyboard_arrow_right田園都市線【池尻大橋】【駒沢大学】の患者様へ 
keyboard_arrow_right世田谷線【西太子堂】【若林】の患者様へ

診療時間・混雑度予測

 
9:30~12:30
15:00~18:30 remove remove remove
15:00~16:30 remove remove remove remove remove

:1時間以上待つ場合があります。
:30分程度待つ場合があります。

日曜日の受付時間は9:00~12:00となります。
休診日:木曜日・祝日
※AMの受付開始9:00~(診療開始30分前)
※PMの受付開始14:45~(診療開始15分前)

混雑予測は混雑状況を確約はできません。