アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)|世田谷区三軒茶屋の三茶クリニック|渋谷区

アミノインデックス(がんリスクスクリーニング)

アミノインデックス(がんリスクスクリーニング)

血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。
この検査は、採血で5種類のがんにかかっている危険性を判定できます。 男性は胃、肺、大腸、膵臓、前立腺がん、女性は胃、肺、大腸、膵臓、乳腺、子宮・卵巣がんにかかっている可能性を数値化し、3つのランクに分けた結果がでます。

検査方法

特別な検査の必要はありません。少量の血液(5mL)程度で検査をすることができます。
1回の採血で、男性AICSは5種類、女性AICSは6種類のがんに対するリスクについて検査を行います。

AICS受診前の注意点
  • 検査のための採血は、食後8時間以上あけ、午前中に受診してください。
  • アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事同様にお控えください。
  • 妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。
  • AICSは、25歳~90歳(前立腺がんは40歳~90歳)の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。

検査の対象者について

AICSは、下記の年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外はAICS値の評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳
費用について ※自費診療となります

男性5種

胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・前立腺がん 23,000円

女性6種

胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん 23,000円
詳しく説明!
  • ● 人のからだとアミノ酸
  • 人のからだは約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。人のからだを構成しているたんぱく質は、20種類のアミノ酸から作られています。
  • ● 病気とアミノ酸バランス
  • アミノ酸は血液中にも含まれており、健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。
  • ● アミノインデックス について
  • アミノインデックスとは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。
    現在は、がんであるリスク(可能性)を評価する、「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」検査が可能となりました。
  • ● 以下のようながんのリスクが分かります
  • 現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)を対象としたリスクについて予測することができます。
    検査項目 対象がん

    男性AICS[5種]

    胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん

    女性AICS[6種]

    胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮・卵巣がん

    子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。
    いずれのがんであるリスクについて予測することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

  • ● がんのリスクについて
  • リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。
    AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告いたします。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。
    また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。

  • ● ランク別の、がんであるリスク(確率)について
  • 一般の方ががんである確立は、統計的に約1/1,000(1,000人に1人)といわれています。 ICSにおける、ランク別の、がんであるおおよその確立は以下のとおりです。

    例えば胃がんにおいて「ランクA」となった場合、がんである確率は1/3,200となり、同じ「ランクA」となった3,200人の中1人の確立でがんである可能性を示します。
    「ランクB」では1/625、「ランクC」では1/98となり、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の順でがんである確率が高くなることを示します。
    また、一般の方ががんであるリスクを1とした場合は、胃がんにおける「ランクB」は1.6倍、「ランクC」では10.2倍のリスクがあるといえます(【 】内の数値)。
  • ● 日本における死因別死亡率の推移
  • 日本における、がんによる死亡者数は年々増加傾向にあり、1981年以降死因第1位となりました。 また、2010年には、全死亡者数119万7千人中、がんによる死亡者数は35万3千人となり、死亡者の約1/3ががんにより死亡しています。

    近年、がんの診断技術や治療法は急速に進歩しています。早期にがんをみつけ、早期に適切な治療を行うことにより、がんによる死亡のリスクを減らすことができることから、定期的ながん検診による早期発見が重要です。
ページのトップへ